--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003年11月30日 (日) | Edit |
~沖縄旅行記3~
 
那覇のホテルに着いたのが19時過ぎ。
ともひよ親戚一同はいつもご飯が早くて17時とか18時なのでもう腹ぺっこりんです。
とにかくホテルの中のレストランが6箇所くらいあるので
その中で興味をそそられたのは
 
ディナーバイキング
 
どうやら、肉、魚、野菜、そして20~30種類のデザートがあるらしい。
これは、行かないと沖縄に来た意味がないでしょう!(ちょっと違うけど)
張りきってルンルンでレストランに行ったら満杯!!すっげーーーー混んでる。
急いでフロントに行って空いてるレストランを確認しましたが、
結局おすし屋のカウンターのみ。
お財布係のおばあちゃんがあっさりOKしたのでおすしを食べました。
それが、おすし屋なのにメインは「しゃぶしゃぶ食べ放題」。
肉食の私達に取ってはなんとも魅力的ですが、
カウンターでしゃぶしゃぶできるわけもなく。
おすし屋の大将が案の定
 
「お客さんたちはどこから来たの?」
 
という話になって、北海道から来たのです。
と言ったらやっぱり遠くから来たので色々サービス。
「海ぶとう」というぷちぷちした触感の海草とか、
「あおさ」っていう海草のあんかけのかかった茶碗蒸とか出してくれました。
おすしのネタですんげーーうめーー!って思ったのは「マグロ」
なんだろう、やっぱり南で取れるからなのか?
マグロの赤身がマジでおいしくてびびりました。
白身はなんだかふにゃふにゃした歯ざわり。
やっぱり白身は寒い地方の方がおいしいかも。
こう、身がキュっと引き締まってね。
そして、ここのホテルは温泉施設もついてるので
ゆったり温泉に浸かりぐっすり寝ました。
 
さて、次の日朝一番で向かったのは「首里城」
さすがに土曜日なので大混雑の中
 
 「おお!ここがよくテレビで見る広場ですな」
 
 「おお!ここがよくテレビで見る玉座ですな」
 
ってな感じで興奮しながら見学してました。
中国の文化にすごく影響されてるみたいで、
日本というより中国のお城を見てる感じでした。
首里

そして、この後は去年できたばかりの海洋博公園の中にある
「水族館」に行きました。
ここは、世界一だったかの水槽があってすんげーーーーーでかいらしい。
マンタやじんべいざめが泳いじゃってるらしい。
でも、私の持っていたガイドブックには出ていなかったので、
カーナビでホイっと調べると
 
高速使って1時間30分
 
と・・・遠いなあ。こりゃあ。
夕飯市内で予約してて18時だから水族館で今日は終わりね。
というのんびりスケジュールの元高速に入って移動開始。
そこで運転手のイトコがぼそっと
 
「北海道と違ってみんなスピード出さないなあ」
 
そういえば、すいすい追い越してるけど、100km出てない。
北海道の高速はみんなスピード出しすぎですな。
80kmとかで走ってたらすごい邪魔者扱いだもんね。
やっと高速を降りてもまだまだナビは目的地に近づきません。
名護市というところを過ぎたあたりで猛獣である
私達はおなかが空いた!空いた!
ということで手ごろなレストランを発見。
今日の夜はイセエビ&ステーキ。お昼は軽くすること!と命令されたので
軽めのものねん。と思ってメニューを見たら
 
リブステーキ250g 1300円 パン、サラダ、スープつき
 
「デザートいらないから私これにする!」
 
と、飛びついてしまいました。ぐふふ。
それが、このレストランすっげーーーーボリュームだったみたいで
お母さんとおばさんは250円(安い!)のハンバーガーを
頼んでいましたが、デカイ!
しかも、フライドポテトてんこもり。
そして、あっさりとしたものが食べたいと言って頼んだイトコ。
 「白身魚のタルタルソース(ライス付) 800円」
白身魚のフライのすっごいでかいやつ、
山盛りポテト、ライス大盛り。がやってきました。
「チキン定食(ライス付) 800円」にしたおばあちゃん。
フライドチキンがてんこもり、ライスも大盛りでやってきました。
全員ヒーヒー言いながら食べました。苦しいよ。。
家の近所にこのレストランがあったらいいのにねえ。
とそれでも言っていたうちの家族はすごい!!
そんなこんなで腹ごしらえをしてやっとこ、水族館に着きました。
すごいの!じんべいざめが3匹くらい水槽の中をすいすい泳いでるよ。
マンタもありえないくらい大きいよ!っていうか
あの魚小さく見えるけどすっげーーでけえーー!
じんべいざめ

しかも、イルカのショーのほかに「シャチのショー」とかもあるし!
すごい!すごい!
という感じで大興奮で水族館の中を見学していました。
いやあ、予想以上に水槽がでかかった。
遠かったけど見に来て良かったなあと思いました。
 
そして、次の日。最終日は「国際通り」という観光地に行ってきました。
ここは、おみやげ物や市場があったのですが、もう大興奮!
時間があまりなくて買い食いをあまりできなかったのが残念ですが、
市場で買った魚を上の食堂に持っていって調理してもらったりできるらしいのです。
変わった魚がいっぱいあって熱帯魚みたいな魚やはりせんぼんなどがあって食べたかった。
あとは黒い大きなタピオカが入ったタピオカミルクティー。
私、これが大好きですごい勢いで飲みました。
おばあちゃん達はミルクティーを紅芋ミルクティーにしていました。
これも、すっごいおいしい!
 
というわけで、観光と言うより「食べ歩き?」の沖縄旅行は終了したのでした。
ちなみに、この最終日だけすんごい良い天気でした。がっくり。
スポンサーサイト
2003年11月27日 (木) | Edit |
~沖縄旅行記2~
 
朝、急いで部屋の外を見ると、
 
ヤシの木飛びそう
 
なくらい天気が悪かったです。雨は霧雨なんだけど風がすごい。
一つも太陽見えてないし。ううう。
ベランダに出てみると微妙。半袖だとちょっと寒いかもくらいの気温。
くうう。暑くないの?汗ふきだすくらい暑くないの??
と思いつつ、イトコが運転するレンタカーで向かったところは
「川平湾」というところ。
ここは、グレートバリアリーフよりもきれいな海として有名らしく、
青い海、さんご礁、白い砂浜と本当にめっちゃくちゃきれいらしいのです。
昨日空港からホテルに向かう時のタクシーの運転手さんも
 
「本当にきれいだから絶対行きなさい!」
 
と力説していて、きれいな川平湾のポストカードをくれました。
 
青い海と空きれいな白い砂浜素敵だ。
 
これは見に行かないといけないよね。って昨日興奮していたのですが、
案の定天気が悪かったのですが、ここを見ないでどうするよ!
ってことで車で向かいました。
車で走っている最中も雨は小ぶりですが降ってるし、太陽も全然出てこない。
でも、海沿いの道を走っていると、なんとなく海が青い。
でも、一際青いところを発見!
地図で見てみると、どうやらそこが川平湾の辺りのようでした。
こんなに天気が良くなくてもあんなに青いなんて、すごい!
はあ、本当に天気の良い日だったらとすごく思いました。
川平湾は遊泳禁止なのですが「グラスボート」という船があってどうやら船に乗って
きれいなサンゴを見れるらしいのです。
 
・・・・・欠航??
 
強風とさっきより強くなる雨。船が流されそうになっています。
しかも、私たちが車を降りてパシャパシャ写真をとってる間すごい雨が強くて
沖縄なのに車に戻った後に暖房を入れて服を乾かしました。ありえねえ。
ちなみに私のカメラで取った写真はこれ
かびら湾

こんなに天気が悪くても青い海だ!
 
ちなみに、売店に「紅芋ソフトクリーム」が売られていました。
もちろん5人とも食べました。
いやあ、紅芋ソフトはおいしいですね。思ったより甘くないし、おいしい!
北海道にないかな。
そして、今回わざわざ石垣島まで来たのはおばさんの友達が
北海道から石垣島に移住して、喫茶店を開いているのでそこに遊びに来たのでした。
仕事をやめて、家族4人で石垣島に来て喫茶店を開くなんて本当にすごいです。
ここで言われた言葉はやはり
 
「いやあ天気が良かったらねえ。せっかくの石垣なのに海見れないでしょう」
 
はい!その通りです。って感じでした。
さて、喫茶店でお昼ご飯を食べて車を走らせていると、風が収まり、
なんだか雲に切れ間が。
もしかして、これはチャンス!と思ってもう一度川平湾に行きましたが、
やっぱり船は欠航でした。
しかも、私たちが着いた途端また雨ザーザーだし。
でも、川平湾から離れるとまたまた雨がやみました。おいおい!
ということで、近くにある「底地ビーチ」というところへ行きました。
ここでは曇りだったけど雨が降っていなかったのでとりあえず
足だけでもと思いバシャバシャしました
すっごい遠浅で結構遠くまでどんどん歩いていけるんです。
はあ。天気が良かったら絶対気持ちよかっただろうになあ。
そして、この日は那覇に戻らなければならなかったので
空港に向かって那覇に戻りました。
明日からは那覇市内観光です。
2003年11月26日 (水) | Edit |
~沖縄旅行記~
 
ということで、沖縄に旅行に行っていました。
3泊4日でしたが移動時間でほとんど終わりました。
メンバーは私、お母さん、おばさん、おばあちゃん、いとこの5人。
北海道からは本当に遠くて、飛行機で千歳-那覇直行便で
3時間45分もかかりました。
これならちょっとした海外に行けてしまう。と思ったくらいでした。
しかも、朝の動揺があって興奮して全然寝れなくて。すんごい疲れました。
1日目はまず、那覇に着いてすぐに石垣島に移動。
移動までに時間があったので空港で早速「ソーキそば」を食べました。
どうやら、「島とうがらし」という小さなとうがらしを泡盛につけた
調味料をそばにかけて食べるみたいでこれが、おいしくて。
帰りに買おうと心に決めました。
おばあちゃんがいたので、時間に余裕のある行動をということで
乗換えまで1時間くらいありました。
なので、お昼ご飯を食べたあと、楽しみにしていた免税店に行ってきました。
沖縄の空港搭乗口付近に免税店があるんですよ。
前からすんごい楽しみにしていたので、さっさとそばを食べて免税店に行きました。
 
や!安いよーーちくしょーーー!!
 
この間買ったばかりのエスティーローダーのグロスや美容液。
シャネルのアイシャドーが安いのなんのって。
エスティの美容液同じ値段で倍の量だし。
シャネルのアイシャドー4割引きくらいだし。
すごい大打撃を受けましたが、
そろそろ飛行機の時間も近くなってきたので搭乗口で待っていると
私たちの前に石垣島に行く飛行機がもう出発時間なのに
まだ搭乗手続きすらしていませんでした。
それどころか、館内放送で
 
「27搭乗口から28搭乗口へ変更です」
 
と。ちなみに28番搭乗口は他の搭乗口と離れていて階段で
行かなければならないところです。
私たちは最初から28番搭乗口だったのですが、ぞろぞろ人が降りてきました。
前に出るはずの石垣島行きがこんなに遅れているなら
私たちの飛行機も遅れるだろうね。
という話をしていたら、またもや館内放送が。
 
「28搭乗口から21番搭乗口へ変更です」
 
えええ!今階段下りてきたばかりなのにまた階段を上がってけなんて。
しかも、5分くらいしかたっていないのに。
もし、私たちもそんなに変更させられたら大変!!
結局、前の飛行機も遅れたので私たちの飛行機も出発時刻が30分遅れました。
そして、着いた石垣島。
石垣島はやっぱり本島より海がきれいで素敵。暖かいという話でしたが・・・
 
すごい横なぐりの雨・風
 
やしの木とか揺れすぎ。飛びそうなくらいの勢い。
飛行機の上からも全然青い海見れなかったし。
確かに暖かいけど湿っぽい。
ホテルに向かう途中タクシーの運転手さんに
 
「今日の午前中まではすごい良い天気だったんだよ。昨日も28度あったし」
 
はい・・・。原因はわかっています。原因は「おばあちゃん」
おばあちゃんは自他共に認める雨女。すごいんです。
前に沖縄に来たときも暴風雨を呼んだそうです。
おばあちゃんは今回旅行の料金を全員分払ってくれているので
雨女パワー炸裂だったようです。
ホテルに着いたらもう18時くらい。
天気も悪いし、外にご飯を食べに行く元気も無くて
ホテルの中でご飯を食べてこの日は終了。
ゴーヤチャンプル、ラフテーを食べました。でも、メインはステーキ。
(うちの家族は全員肉食なんで)
いやあ、ゴーヤって本当に苦いですね。うえ~~本当に苦い。
それなのに、ステーキのサラダにもゴーヤが。勘弁して!
 
明日は石垣観光です。ちなみに天気予報は雨の確率50%でした。
晴れてくれ!青い海を見させておくれ。
2003年11月25日 (火) | Edit |
沖縄に旅行に行きました。いや~!やっちゃいました。
本当色ボケしすぎです。
有り得ないことに、
 
旅行の日程を勘違いしました。
 
時間を勘違いしてたんじゃなくて、日にちを間違ってました。
私は、土~火だと思ってたのです。なので火曜日は有給を取っていました。
なので、土曜日は飛行機出発が10:40なので、
8:30の空港へのバスに乗ろうと考えていました。
 
金曜日8時くらい、普通に会社に出社してパソコンを立ち上げて携帯を見たら着信が。
あれ??と思って着信履歴を見るとお母さんからの電話でした。
電話なんて珍しいな。もしかして何かあって明日旅行に行けないのかな?
と心配になって折り返し電話をかけてみました。
 
 「もしもし??何??」
 
 「今、どこにいるの??」
 
 「え?どこって会社だよ。」
 
 「え???え??何言ってるの???????」
 
 「え?何が?え???も・・・もしかして・・・・・」
 
 「何言ってるの??今日出発よ!!」
 
 「え???明日じゃなくて?ていうか◎☆△¥$」
 
 「○☆◆□&¥」
 
 「分かった!とにかくダッシュで向かう!っていうか今からなら間に合うし」
 
 「荷作りとか・・・」
 
 「いや!もういいから、後でかける!」
 
幸いなことに、この日上の上司はほとんどいなかったので、
慌てて会社を制服のまま飛び出し、自転車をすごい勢いでこいで一回家に。
荷作りはすでに終了していたので、
着替えて荷物を持ってタクシーに乗り込みました。
運転手さんに
 
 「とにかく、急いで千歳空港に行きたい!」
 
とアピールたところ、
 
 「それならとにかく札幌駅だ!そこからなら15分おきにJRが出てるから。」
 
そして、札幌駅に着いて、ダッシュで切符を買ってJRに乗り込みました。
これが、ちょうど8:55。札幌-千歳空港は40分。
余裕で間に合うなあ。とほっとしたところで
携帯を見ると、お母さんからの着信の嵐でした。
とりあえず、「9時30分に着くから。間に合います」とメールをして、
後輩君にも「大変だー!旅行は今日からだった!」といあわあわメールを送りました。
そして、空港のカウンターにたどり着き、
待っていたお母さんと無事に合流したのでした。
旅に行く前にもう、汗だく。クタクタでした。
それにしても、旅行の日程を間違えるなんて。。。。。。。。。
きちんと、スケジュールを書く習慣がなくって。
会社でも、家でもスケジュール管理するソフトとか探そうかな。
パソコン立ち上げるたびにドーーンと出てくるようなやつとかないかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。