--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004年01月28日 (水) | Edit |
昨日、突然会社の上司から
 
「よーし!肉食うぞ!」
 
お誘いがかかり、6人で会社の近所の焼肉屋に行きました。
煙もくもくの焼肉屋なので、全員会社からゴミ袋を持って行き
コートやらカバンをしまいました。
本当、ここの焼肉屋は匂いが染み付いて、
私下着の果てまで肉臭くなったことがあります。
とりあえず、今日は全身洗濯機OKという感じの服装だったから良かった~~
 
「なんでも頼めー!じゃんじゃん食べろー」
 
と言われたのでとりあえず、カルビ、サガリ、牛タン、ホルモン、
ジンギスカンを頼んでパクパク。
 
「もっと食べろー!!」
 
と言われたので、ネギオムレツ、ご飯、キムチ、もつ煮込みをもぐもぐ。
ウーロン茶とコーラをガブガブ飲んでいたらかなりお腹が苦しくなってきました。
みんなの酔いも回って来た所で、会話は私の結婚話に。
この時のメンバーは私以外全員男性。しかもみんなお父さんくらいの年代。
特にこの中で一番えらい上司は偶然にも家の父さんと同じ生年月日。
なので、心底私が娘のように思えるらしく、
 
「オレはねえ、ともひよの結婚式には参加したいんだなあ」
 
しみじみ言われてしまいました。
私も、招待したいけど、その前に退職しちゃうんじゃないかな。
そして、どんどん話は「後輩君」へ。
後輩君は私ととても関係の深い部署に配属なので全員存在を知ってるんです。
んで、最初の頃まさか後輩君と付き合うなんて思いもしないから、飲み会とかで
 
「ともひよはどんなのがタイプなんだ?」
 
とか聞かれては
 
「ええと、この間入ってきた後輩君が好きですねえ」
 
みたいなこと言ってたし、その後も後輩君はお気に入りだから特別扱いよん!
というようなことをガンガン話していたので、
 
ともひよ→後輩君ラブ(でも、全然かまわれていないらしい)
 
という図式が出来上がっていたみたいです。
まあ、実際後輩君と付き合ってあんなことやこんなことしちゃってますが、
それがバレると会社にいずらいし、
もし後輩君とダメになったとき一層いたたまれなくなるので
上のような図式のままがいいかなあ。とずっとそのキャラを突き通しているのです。
なので、今回も
 
「ともひよは後輩君が好きみたいだけど、ちゃんと実りそうなのか?」
 
「真っ直ぐ後輩君ばかり見ていちゃだめだぞ!彼女がいたらどうするんだ!」
 
「後輩君だけじゃなく、他にも保険として2~3人くらいの中から選びなさい」
 
「後輩君に告白してふられたらどうするんだ?」
 
とにかく
 
「後輩君は無理なんだから他の人を早く見つけなさい」
 
ということを私に伝えたいようでした。
いやいやいやいや。付き合ってるから!
っていうか、後輩君とにかくオレにほれてるぜ!困っちゃうくらいだぜ!
自慢してやりたくなりましたが、ぐっとこらえてやめておきました。
 
ちなみにこの話を後輩君にしていて
 
「なんで、私が後輩君に構われないと思われてるのかな。ぶっさいくってこと?」
 
「いやあ、オレがあまりにもかっこいいからじゃな~い?これでもオレさあ」
 
「じゃあ、私寝るから。おやすみぶさいく」
 
「いや、だからオレがね・・・」
 
という会話をしました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。