--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月23日 (日) | Edit |
リッキーは今年15歳になりました。
後ろ足がかなり弱ってきています。
特に、実家はリフォームしてフローリングだらけなんだけど
それが逆に滑ってしまって後ろ足にダメージ来るみたい。

DSC_2094.jpg

リッキーのベッドや水飲み付近にはマットを敷いています。
でも、娘が来て追っかけるし、ちょうど友達が来た日に慌てて滑って
そのまま立てなくなってしまいました。

DSC_2093.jpg

後ろの足が立たなくなってしまったので
おしっことかもうまく出来ない状態。
どうしよう・・・って思う状態でした。
でも、翌日病院へ行き、ステロイドの点滴と飲み薬をもらって来たら
次の日には立って歩けるようになりました!!
どうやら立てなくなった原因は神経らしい。
他の犬は年を取ったら、どんどん神経も老化していき歩けなくなっていくらしいが
パグの場合はいきなり歩けなくなるパターンが多いみたい。
リッキーが立てないし、歩けないしこのままだった場合は・・・。
安楽死とかになっちゃうのかな?と心配でしたが、とりあえずは良かった。

DSC_2066.jpg

娘は娘なりに心配らしく
「リッキーワンワン足イタイイタイ」と知らない人に会うと伝えるように。
リッキーが寝てるのがつまらないらしく、ベッドから抱えて出そうとしたり
「起きてー」って言うので
「リッキー足痛いから、ベッドで寝てるんだよ」と言っていたら
今度は逆に、リッキーがベッドから出て他の場所で寝ていたら
「あああ!!リッキー!ベッド!!」ってベッドに押し戻そうとするように。

DSC_2087.jpg

一緒に寝ようとベッドに入ったりしてもリッキーは我慢。
おままごと相手にしようとして、リッキーの周りに玩具が並んだり。
ギャースカギャースカ言われて、イヤな事されても
ある程度は逃げずに我慢して、絶対にワンとは言わないリッキーは本当に偉い犬です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。